目的別に変わる?家庭教師を始める最適なタイミングとは

公開日:2022/10/12

自宅で勉強を教わることのできる家庭教師は、入塾のようなハードルもなく手軽にスタートできるのが魅力です。子どものペースを優先した学習指導により、苦手の克服や親身なアドバイスが期待できます。本記事では、家庭教師の有効的な使い方やスタートするのに最適なタイミングを確認します。

家庭教師はいつから始めるべき?

家庭教師を始める目的や目標によって、家庭教師を始めるのに最適な時期は異なります。学習習慣の定着・受験対策・予習復習補助などを理由に始める家庭が多いので、理由別に最適な時期を確認していきましょう。

学習習慣を定着させたいなら

学習習慣を定着させたいなら、できるだけ早い時期から始めるのがよいでしょう。勉強に躓くと苦手意識が芽生え、その後の学習意欲に影響するおそれがあるからです。しかし低学年のうちは内容が分かりやすく、指導もしやすいので、保護者が家庭学習をサポートする場合も多くあります。

保護者と家庭教師で指導日を分けるのも、ひとつの方法です。家庭教師の指導や子どもの様子を見学すれば、学習のポイントや適切な学習量などを把握できるので、今後の参考にできます。

中学受験をするなら

中学受験をする場合は、小学校中学年から始めるのがよいでしょう。受験では小学校よりも難易度の高い問題が出題されるため、志望校の出題傾向にあわせた学習が必要になります。

小学校中・高学年は、低学年に比べ学習内容が増えるだけでなく、行事やクラブ活動への参加によって負担も増します。高学年にもなると時間の確保が難しくなり、心身の成長に伴い疲れも溜まりやすくなります。

志望校にあわせた受験対策をするのであれば、私生活とのバランスがとれるよう、遅くとも小学校5年生までに準備を始めることをおすすめします。

予習復習、受験対策なら

小学校高学年~中学1年生で入塾する子どもの多くが、勉強に何かしらの不安を感じています。中学校から学習のレベルが上がるので、授業の予習復習によって差が生まれやすくなるためです。

この不安を払拭するためには、子どものレベルにあった学習指導が求められ、家庭教師は最適の方法です。学習リズムを整え、遅れをとらないようにするためには、小学校高学年~中学1年生で家庭教師を始めるのがよいでしょう。

家庭教師を始めるなら何月からが最適なのか

家庭教師はいつでも始められますが、定期利用を検討しているのであれば、先生との相性も重要視しましょう。どんなに経歴が素晴らしくても、相性が悪ければ、子どもの本領を引き出すことはできません。

いつからでも大丈夫だが、春が見つけやすい

受験生の指導は終わり新年度が落ち着くまでの、2~5月に始めるのがおすすめです。手の空いた先生が増えるので、希望条件でのマッチング確率が上がります。家庭教師は現役の学生が登録している場合も多いので、新年度はおのずと新しい先生も増えます。

長期休みからスタートさせて感覚を掴む

家庭教師との相性を確認するのに、学生の長期休みはぴったりの期間です。時間の余裕があるうちに、定期利用を見据えたお試し受講をするのはどうでしょうか。

定期利用のイメージが強い家庭教師ですが、近年では短期間のサービスも増えています。スポット依頼では判断が難しい、指導力や相性を確かめることができます。

家庭教師を始めたいなら早めに行動するのがおすすめ!

子どもの学力にもよりますが、学力向上にはそれなりの努力と時間が必要です。学習習慣が身に着かないまま長時間の学習を繰り返すと、肉体的・精神的にも疲弊します。どのような目的であっても、学習リズムを整えながらコツコツ準備をすることが望ましいでしょう。

子どものペースに合わせた学習になるので、早めにこしたことはない

学力を定着させるためには反復練習が必要なので、一朝一夕でどうにかなるものではありません。家庭教師を雇うことは簡単ですが、結果を出すのに必要なのは子どもの努力と家族の協力、そして学習時間です。

子どものやる気を引き出し目標に向かって走り続けるには、精神的なサポートも必要不可欠です。子どもの特徴を理解し、サポートできる家庭教師を探しましょう。

以上のことを踏まえると、家庭教師を選んで結果を出すまでには時間がかかります。できるだけ早めに準備するのが望ましいでしょう。

オンライン家庭教師

家庭教師の形態も時代にあわせて変化し、オンライン家庭教師も増えてきました。画面越しでの指導になりますが、モニターや映像を利用して細かな説明もできるので、子どもの理解が深まります。

先生との時間調整がうまくいかない場合には、思い切ってオンライン家庭教師の利用も検討してみましょう。家庭教師の申し込み前に、お試し体験が用意されている場合があります。不安な場合には、一度試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

家庭教師を始める最適なタイミングは、目的に応じて人それぞれであることが分かりましたね。授業が始まってからが重要だと思われがちですが、先生と子どもの相性は結果を大きく左右することもあります。目標を高く設定するのであれば、なおさら子どもを理解しサポートしてくれる先生に巡り合うことが重要です。長期計画として、家庭教師を採用する必要があります。

【愛知県】おすすめ家庭教師ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名家庭教師のスイッチ家庭教師のトライ家庭教師のランナー家庭教師のあすなろ東海デスクスタイル東海校
特徴20年以上のノウハウが詰まった指導を安く受けられる!オリジナルの学習法を徹底!生徒の学習効率を上げるノウハウあり子どものネット依存を解消し、勉強の習慣づくりも指導!生徒に合ったプランを用意!安心のサポート体制で普段の学習を支援生徒それぞれのペースを尊重!教科書中心に進める指導で内申点もアップ
詳細リンク

おすすめ関連記事