家庭教師を利用する際の安全対策

公開日:2024/02/15  最終更新日:2024/02/27

?

家庭教師を利用する際、安全面などで不安を感じるという方もいらっしゃるでしょう。勉強の悩みを解決するためには、安全対策をしたうえで、信頼できる家庭教師に依頼することが大切です。そこで今回は、さまざまなリスクやトラブルを回避するために、家庭教師を利用する際の安全対策について解説します。

家庭教師の個人契約時に知っておくべき安全対策

家庭教師を利用する場合、知り合いに家庭教師を頼むという方法もありますが、自力で適任な人材を探すのはとても難しいため、家庭教師を依頼できるサイトやアプリなどに登録するご家庭が圧倒的に多いでしょう。

サイトやアプリ内で家庭教師とマッチングができるのはとても便利ですが、安全対策を怠ってしまうと、のちにトラブルになってしまうので注意が必要です。家庭教師の個人契約時に気を付けたいのが、個人情報の保護に関しての対策です。

サイトやアプリを利用する際や、家庭教師との契約時は、個人情報を求められるでしょう。利用するサイトやアプリを運営している会社が、個人情報の保護についてしっかりと対策をとっているのかどうか調べたうえで、信頼できるサービスを利用するようにしましょう。

また、必要最低限の個人情報しか提供しないように気を付けることも大切です。サイトによっては、身分証明書で身分確認をしたうえで、基準を満たす人のみ登録を許可するといった安全対策をおこなっているところもあります。

家庭教師を依頼する側も、家庭教師を引き受ける側も気兼ねなく利用できるサービスを提供している会社に登録すると良いでしょう。また、家庭教師を自宅にあげることに対して、不安を感じるご家庭もいらっしゃるでしょう。

この場合、事前に電話をしたり、自宅以外の場所で顔合わせをおこなったりして、信頼できる人かどうかを確認することも安全対策のひとつです。

家庭教師の安全な選び方

家庭教師を選ぶとき、少しでも学力のある人に教えてもらいたいという気持ちから、学歴に注目して選ぶ人が多いでしょう。

また、家庭教師のプロフィールには、これまで何人合格させてきたかなどの実績を書いている人も多いので、家庭教師を探すときのポイントのひとつになっています。とはいえ、マッチングサイトやアプリへの登録は誰でもできるので、経歴や実績を詐称している可能性もあります。

そのため、身元保証や学歴が保証されているサイトを利用して、家庭教師を選ぶと安全です。また、希望する大学に直接依頼し、家庭教師として在学生や卒業生を派遣してもらうという方法もあります。

契約時に不安がある場合は、学生証などを提示してもらったり、大学の様子や家庭教師としての実績などを詳しく聞いてみたりすると良いでしょう。また、辻褄が合わなかったり、信頼できないと感じたりした場合は、契約をやめて別の家庭教師に依頼することも大切です。

また、自宅で家庭教師を利用する場合、ストーカー被害やセクハラ被害に遭うなどのリスクもあります。このようなリスクを避けるためにも、できる限り同性の家庭教師を選ぶと安全です。同性であれば、家庭教師と恋愛に発展する可能性や、セクハラ被害に遭う可能性が低いため、なるべく異性の家庭教師を避けるのがおすすめです。

リスクとトラブル防止のための具体的な方法 

家庭教師を利用するメリットはたくさんありますが、自宅の住所を知られ、プライベートな空間で指導を受けるため、さまざまなリスクやトラブルが起きる可能性があります。

そのようなリスクやトラブルを防止するためにも、必ず契約書を作成するようにしましょう。よくあるトラブルのなかには、お金のトラブルがあります。

解約の際に違約金を請求されたり、勝手に購入されたテキスト代金を請求されたりするケースもあるので、費用に関することは細かいことまで条件を決めて契約書の内容に記載しておきましょう。また、家庭教師のなかにはマナーが悪かったり、ルーズな人もいたりします。

たとえば、遅刻や無断欠席などした場合は、費用はどうするのか、どのようなペナルティを設けるのかも定めて契約書に記載したほうが良いでしょう。授業料は後払いにしておくと、遅刻や欠席などがあった場合にトラブルになりにくいので、必ず後払いにし、契約書にも記載しておきましょう。

また、家庭教師が学生の場合、本人の試験期間や就職活動、学校の長期休暇によって、指導の日程を合わせるのが難しくなり、長期間指導が受けられないリスクもあります。契約時には、先のスケジュールまで確認し計画を立てる必要があるでしょう。

スケジュールを合わせられない期間がある場合は、その期間だけ別の家庭教師を探すなどの対策も必要です。契約書は、家庭教師が作成してくれる場合もありますが、その場合は条件をしっかりと確認するようにしましょう。

なるべく身分証明書や学生証のコピーをとらせてもらい、双方が納得した内容で契約書を締結すると、さまざまなリスクやトラブルを回避できるでしょう。

まとめ

勉強の悩みを解消し学力を向上させるためには、良い家庭教師を見つけることが重要な鍵になるでしょう。ですが、安全対策をしっかりとり、さまざまなリスクやトラブルを回避しないと、家族を危険に晒すことにもつながります。信頼できる家庭教師を見つけるためには、まず信頼できるサイトや会社を見つけることが大切です。個人情報や身元をしっかり管理している安全なサービスを利用し、信頼できる家庭教師を見つけましょう。契約時には、契約書を作成し、さまざまなリスクを回避することが大切です。安心して勉学に励むためにも、万全な安全対策をおこないましょう。

 

【愛知県】おすすめ家庭教師ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名家庭教師のスイッチ家庭教師のトライ家庭教師のランナー家庭教師のあすなろ東海デスクスタイル東海校
特徴20年以上のノウハウが詰まった指導を安く受けられる!オリジナルの学習法を徹底!生徒の学習効率を上げるノウハウあり子どものネット依存を解消し、勉強の習慣づくりも指導!生徒に合ったプランを用意!安心のサポート体制で普段の学習を支援生徒それぞれのペースを尊重!教科書中心に進める指導で内申点もアップ
詳細リンク

おすすめ関連記事

検索